中国語サイトへ

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤のことです。 母体と胎児を結ぶ胎盤は、1個の受精卵をわずか10ヶ月で約3000gの赤ちゃんに育て上げる、驚くべき機能を持った臓器です。健康な新生児の「へその緒」「胎盤」から抽出したエキスには、豊富な栄養素があり、老化を防止する機能があり、体細胞を活性化させる成分が含まれています。この機能を利用して、その有効成分を内服、注射、湿布等で疾患の治療をする治療法を「プラセンタ治療」といいます。 へその緒、胎盤の組織を特殊な処理法により細分化し、高濃度で効率よく人間の体内へ注入するため、優れた即効性と持続性が実感できます。この胎盤に含まれる栄養成分を「プラセンタ」と呼んでいます。

プラセンタの特徴

プラセンタの最大の特徴でもある成長因子。 これは細胞分裂を促進するなど、様々な役割を持つ、言わば職人のような成分です。 この職人がいなければ、たとえコラーゲンという材料を摂取したとしても体内でコラーゲンを作ることは出来ず、そのまま排出されてしまいます。ところが、残念ながらこの成長因子は年齢とともに減少していきます。

スーパープラセンタとは

従来のプラセンタ(メルスモン、ラエンネック)よりも高い効果と持続時間が期待できる最新のプランタです。 スーパープラセンタは、100%胎盤組織であり、1管25ml中に胎盤抽出物25000mgが含まれているので、従来のメルスモン、ラエンネックの500倍以上の濃度に相当します。 スーパープラセンタには、細胞を活性化してその数を減らさない機能をもつ物質が含まれており、人体の防衛機能や免疫機能を活性化しています。人間の持つ自然回復力を高める薬を使わない治療です。

  アンプル内容量 内容量比率
メルスモン 2ml 1倍
ラエンネック 2ml 1.1倍
スーパープラセンタ 25ml 560倍

 

プラセンタの違い

プラセンタエキスは胎盤から抽出されるものですが、すべてが人の胎盤から抽出されたエキスではありません。化粧品やサプリメント、美容ドリンクなどに配合されているプラセンタは豚、馬、羊などの胎盤が原料になっており、医療機関でおこなえるプラセンタ注射のみ原料にヒト由来のプラセンタを使用しています。 医療機関でのプラセンタ注射にのみ使用されるヒト由来のプラセンタの場合、全て日本人のもので、日本の産婦人科から提供を受けた胎盤を使っています。

プラセンタ効果・効能

プラセンタの成分を注射することにより、全身の組織、臓器、肌の改善を促し、免疫力増進、抗アレルギー作用、自律神経やホルモンバランスの調整作用といった効果があるほか、美容目的、アンチエイジング等の効果も期待できます。

美 白

プラセンタは日本の厚生労働省が認めた美白成分の一つです。シミの原因のメラニンの生成を抑えるため、美白効果が期待できます。

ホルモンバランスを整える

神経細胞増殖因子(NGF)が含まれており、ホルモンバランスを整える働きがあります。そのため、卵巣機能を高め、更年期障害、生理痛などの改善が期待できます。

代謝機能の促進

タンパク質、糖分、脂肪、ビタミン、ミネラルの5大栄養素が含まれており、新陳代謝が促進され、体力、疲労回復などが期待できます。

活性酸素・過酸化脂質の除去

プラセンタに含まれるSA(スーパーアクティブ)アミノ酸は体内で作られるSOD酵素と同様に抗酸化作用があります。SOD酵素は40歳を境に減り始めるため、SAアミノ酸を注入することでとても有効な若返り効果が得られます。

からだの細胞数

人は30歳を過ぎると細胞が激減し、「老化現象」が起こり抵抗力が落ちてきます。 プラセンタを投薬することで残った細胞を活性化させます。

プラセンタの薬理作用
基礎代謝向上作用 ダイエット・若返り(細胞活性化)
自律神経調整作用 うつ・不眠・イライラ
内分泌調整作用 更年期障害・のぼせ・美肌
解毒・強肝作用 デトックス・二日酔い・疲労感
免疫賦活・調整作用 風邪・インフルエンザ予防
美肌作用 美白・しわ予防・乾燥肌・過敏症
造血・血行促進作用 貧血・肩こり・冷え性・むくみ
抗炎症作用 腰痛・ひざ痛・関節痛・神経痛
抗アレルギー 花粉症・気管支炎・鼻炎・アトピー
内科 糖尿病、高血圧、肝硬変、肝機能障害、アルコール性肝炎、 痛風、がんの予防、花粉症、気管支ぜんそく、腸内環境の 正常化、慢性疲労、むくみ防止、貧血予防
整形外科 神経痛、ヘルニア、肩こり、腰痛、しびれ、リウマチ、骨粗鬆症予防
耳鼻科 アレルギー性鼻炎
眼科 視力増進
皮膚科 アトピー性皮膚炎、アレルギー性疾患、にきび、肌の衰え(しわ、たるみ、くすみ)
精神神経科 うつ病、自律神経失調症、不眠症
婦人科 更年期障害、生理不順、冷え性
その他 ボケ防止、若返り効果、勃起不全、強壮

 

治療の安全性

プラセンタ治療は、材料となる胎盤のウイルスや細菌検査を厳重に行ったうえ、加熱滅菌消毒しています。重大な副作用の報告はありません。

治療の安全性

PAGE TOP